うどんか蕎麦だと蕎麦派のブログ

お仕事関連以外のもろもろ. キャンプ、音楽とか

買い揃えたキャンプ道具を何となくレビュー②

前回の続きです。

買い揃えたキャンプ道具をなんとなく雑に一言レビューしていきます。テント、寝具、ランタン関係ときて次はグリル、テーブルなどのファニチャー関連を。

グリル・コンロ・バーナー

バーベキューグリル・コンロ

バーベキューグリルとかバーベキューコンロとか言われるものはそれこそ無限に種類がある。大きさも数多くのものが出回っているし、炭火用だけでなくガス用もあったりする。値段もピンキリだ。というわけで最初はぶっちゃけ何がいいのかわからなかった。そこで割と安さ重視で評判見つつかったのがこれ。

 そう、俺たちのキャプテンスタッグ!安価でそこそこなアウトドアアイテムを数多く取り揃えているキャプテンスタッグのバーベキューコンロである。六角形というのが珍しいが焚き火台にもなる。これ1つでバーベキューと焚き火の両方楽しめるのである。当初、あまり焚き火をするつもりはなかったので焚き火台についてはあまり重要視していなかったんだけどキャンプ場の夜は冷える。今では炭火でバーベキューしたあとに冷えてきたら焚き火に移行するってのが恒例になっている。

さて、そんなこのコンロだが総じて良い。特に道具を揃えるにあたって重要視しているコンパクト性にも大変優れている。これパタパタと折るだけで簡単に片付けられる上に、とても薄型なので車のトランクに入れる際もちょっとした隙間に差し込んでおけばいい。さらに安い。多少の不都合も許される価格ではないだろうか。といいつつも個人的にイマイチだなーと思う点もあげておくと、まず高さがないことがあげられる。位置が低いのだ。なので立って調理するには向いていない。もう一つはやはり独特の形状であることがあげられる。六角形の網なんて普通売ってない。というわけで純正品を買おうとするわけだが、アマゾンでも楽天でも売り切れなことが多い。もしくは高値になってるか。なのでいつも安値で見かけたときにまとめ買いしてる。

これだけ安いにも関わらず耐久性にも特に問題は感じていない。ほぼキャンプでは毎回、毎晩使っているが壊れたり不具合は何も出ていない。

そしてバーベキューといえば炭なんだけど重宝してるのがこれ。

これは名前のとおり、使い終わった炭の火を消すための道具なんだけど火おこし器も兼ねてる。この火おこし器を使うと火おこしが超絶楽なのだ。内側のパーツである火おこし器を着火剤の上において、炭を立てていれて火をつければあっという間に炭に火がつく。扇いだりとかそんなのも全く必要ない。そして使い終わったら火おこしに使った内側パーツを壺に入れて炭入れて蓋すれば勝手に消える。消えた炭は次回に中の入れ物ごと取り出して炭を少し足すだけでそのまま再利用できる。強いて弱点をあげるとすると少し小さいので人数多いと一個では足りないかもってくらいかな。これはマジでオススメ。ただいくつか不満もある。というか以前はこれの旧モデルを使ってたんだけど改悪されてしまった。まず、蓋を開けるのに捻って開く形式になってしまいかなり煩わしい。また、内側パーツも微妙に形状が変わっており出し入れ時に干渉しやすくなってしまってストレスがたまる。なので他メーカーの同様の製品に移るか旧モデルが買えたらもう一度買おうと思っている。

最後におまけにロゴスのこれも。

ロゴス(LOGOS) バーベキュー・キッチングッズ BBQお掃除楽ちんシート (極厚ホイル) 炭受け皿にも

ロゴス(LOGOS) バーベキュー・キッチングッズ BBQお掃除楽ちんシート (極厚ホイル) 炭受け皿にも

 

 これは単に分厚いアルミホイルなんだけど、これをグリルに敷いた上で炭を使うと後片付けの際はまるごと丸めて捨てるだけなのでとても楽というもの。よくある四角い形のグリルだといいんだろうけどうちの六角形グリルだと少し形が合わないので手間だが複数枚にして敷けば問題ない。とはいえ手間だし無駄も多い。これがヘキサグリルをやめて他のBBQグリルに変えようかと考える最大の理由である。

ツーバーナー

湯を沸かしたり、朝ごはんなどでフライパンを使いたいときなどバーベキューグリルではない普通の火が欲しいことも多々ある。最初は家にあったカセットコンロを使ってたんだが、なんかカッコ悪い。さらに一口しかないないし。ということでこれをファミリーセールで購入。

スリムに折り畳んで収納できるガス式ツーバーナー。折りたたむと本当にスリムだし、ハンドルもついているから持ち運びも簡単。実際にこれまで使ってた5年前にドンキで買ったカセットコンロよりも重さはあるけど厚みはない。キッチンテーブルにもちゃんと収まるし重宝してる。コーヒー用の湯を沸かしながら朝ごはんの支度もできるし。少しゴーッという音が大きめなのだけが気になるけどまあそういうものということで安いしコンパクトだしオススメ。

ちなみに、キャンプ場でハンバーグ作ってその場でハンバーガーにして食べたりするけど妙に美味しく感じる。

ファニチャー

テーブル

テーブルも基本方針とおりコンパクトに収納できるものをということでこちらを購入。 

 ベンチタイプのイスが2脚ついてそれを収納しつつ半分に折りたためるのがポイント。さらに、大きさもそこそこある。そしてとにかく安い。コールマンにも同じようなのがあるが数倍の値段である。というわけでこれを購入したものの、ベンチが貧弱と言える。まあ安いのだから仕方ないが、軋むしたわむ。また、なぜか子どもがこれにうまく座れず何度も倒してしまっていたので、もはやこのベンチは座る用には使っておらず水のタンクやクーラーボックス置き場として使われている。というわけでイマイチ感は否めないけど別の用途で使えるし、何しろ安いしということで今のところまだ使っている。

一方で、これだけだと調理スペースの問題がある。バーベキューしかしない予定でもなんだかんだで調理スペースは必要なのである。野菜を切ったり場所がないと不便なのだ。また、このテーブルだと少し低いので中腰になって辛いし、食事をしながらみたいな場合には既にテーブル上にはいろいろ乗っていて調理する場所がない。というようなことがわかったのでキッチンテーブルも使っている。

先ほどのテーブルやコールマンなどで売ってる他のテーブルとくらべてテーブル面が10cmちょっと高いのだ。これだけで全然腰への負担が違う。加えて、暗くなってから利用する際に手元を照らすためのランタンを吊り下げ用ランタンポールやターナーなどをかけるツールハンガー、そして先ほどのツーバーナーなどのバーナー類を設置できるスタンドにシェルフなどとても利便性が高いと言える。その上値段もそれほど高くない。とても満足のいっているアイテムだ。

クーラーボックス

食料の鮮度を保管や、ドリンク類、アルコール類を冷たく冷やすためになくてはならないのがクーラーボックス。とはいえクーラーボックスはそれこそピンからキリまで星の数ほど商品があります。というわけで今使っているものに関して。

まず、それまでもクーラーボックスは使っていてコールマンのエクストリームアイスクーラーの小さいものを持ってました。これに保冷剤としてロゴスの氷点下パックを組み合わせて使っていて、ピクニック程度であれば十分でした。しかし、キャンプだと食料品も詰めなきゃいけないってことでそもそもサイズ不足。そこで最初に買ったのがこれです。

ロゴス(LOGOS) クーラーバッグ ハイパー氷点下 XL コンパクト収納 40L

ロゴス(LOGOS) クーラーバッグ ハイパー氷点下 XL コンパクト収納 40L

 

 まず、前回の投稿に書いた基本方針とおりコンパクトなものがいいということで、未使用時は折りたたみ可能なソフトクーラ、かつコールマンのエクストリームアイスクーラーと並んで最強との声も多いロゴスのハイパー氷点下クーラーの一番大きいXLを。これで40リットル分入ります。これに同じくロゴスの氷点下パックを4個使ってます。

ロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結 長時間保冷 氷点下パックXL

ロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結 長時間保冷 氷点下パックXL

 

 この氷点下パックを2枚ずつ上下において食材や飲料を挟み込む感じで運用してるんですが、めっちゃ冷えます。もちろん気象条件などにもよるとは思いますが、5月のキャンプでは2日目の夜くらいまでドリンク類は冷たいままキープできました。むしろ1日目は冷蔵庫に入れていた凍っていない食材(肉類)を詰めて朝に出発したところ、昼過ぎには凍ってしまってました。そのくらいガッツリ冷えます。

問題は口が大きいので食材やドリンク類の取り出しで頻繁に開け閉めすると冷気が簡単に逃げていくこと。これはまあどうしようもないので、ドリンク類だけはこれまで使っていたコールマンのソフトクーラーに入れることに。
ちなみに食材だのドリンクが多少余ることが多いので、当初想定していたように帰りは中身が空で折りたたんで荷物を少なくってのは現実的じゃないってことがわかりました。

氷点下パックのほうは凍らせるのにそれなりの時間(24時間は必要)が必要になるにも関わらずXLだとかなり大きく冷凍庫を専有するのが難点というくらい。

という感じでこのクーラーボックスには概ね満足していたんですが、 先日のコールマンのファミリーセールでホイールクーラの60QTが65%オフになってて3500円程度で売られていたのでつい買ってしまったため、数回しか使っていないにも関わらずお役御免になりました。ちなみに買ったのはこれ。

 ハードクーラーです。子どもくらいであれば上に乗っても大丈夫。あとタイヤがついているので移動が楽。とはいえオートキャンプがほとんどの我が家だと移動らしい移動はないけど。

この製品いくつか難点もある。まずタイヤが二輪かつ360度回るようなものではないので引いて移動する際に小回りが利きにくい。そして最大の問題が保冷力が弱いこと。もう一つ上のモデルと比べるとこの製品は蓋部分に断熱材が詰まっていないのだ。そこでダメ元でいくつか手を入れてみた。

まずは蓋の内側にアルミテープを敷き詰める形で貼った。これはなんとなく効果あったようななかったようなって感じ。

次に断熱材が入ってないなら入れてしまえということで蓋の内側に何箇所か穴をあけてその口からウレタンフォームを流し込んでやった。使ったのはこちら。

LOCTITE(ロックタイト) 発泡ウレタン グリーンフォーム 340g DGF-300

LOCTITE(ロックタイト) 発泡ウレタン グリーンフォーム 340g DGF-300

 

これはかなりの効果がありました。ただ、問題はウレタンフォームって吹き付けてからしばらく時間をかけて膨らんでいくんです。なので少し入れすぎたりした部分が後から歪になってしまった。そんなこんなで新たなクーラーを買い直した。

コールマン 54QTスチールベルトクーラー シルバー 6155B707G

コールマン 54QTスチールベルトクーラー シルバー 6155B707G

 

王道クーラーのスチールベルトである。これのシルバーモデルを購入し今も使っている。保冷力の問題はひとまずクリアされ、見た目もいい。実際には氷点下パック4枚で上下挟んでも二泊三日がギリギリ。3日目には開けると涼しいし飲み物も冷えた状態がキープはされてるものの、当然保冷剤は溶けている。なので食材の余りがある場合などは気になるところ。というわけで自分の場合、2日目でロックアイスを買って入れている。これも3日目の夜、家に着く頃には溶けきっている。

 

というわけでまた長くなってきたのでこの辺で。続きはその3で。

 

買い揃えたキャンプ道具を何となくレビュー①

キャンプ道具で今持ってるものをざっと簡単にレビューしてみようかと。

※2018年10月に少し更新しました

買い揃えるにあたっての方針

まず、買い揃えるにあたり、以下の方針を基本としました。

  • なるだけ小さく折りたためるもの
  • こだわりのないものは買い替え前提で安いもの

1つめは単にキャンプ道具の保管場所と車の荷室容量的な問題からです。

2点目については、単に実際使ったことのないものに関してはレビューとか読んでもなかなかわからない。ということで安いものを一度使ってみると自分にあった道具、求めるものが分かってくるだろうということで。あとは一気に買い揃えたので予算的な問題というのも正直ある。

とまあこんな感じを基本方針として買い揃えてます。

車 

キャンプのためだけではないですがキャンプ用途ってのがかなり強いです。MAZDACX-5(2017年式)です。

www.mazda.co.jp

いわゆるSUVなんですがこれを選んだ理由はいくつかあります。そもそもそれまでレンタカーでキャンプ行ったりしてたんですが、やっぱり毎回キャンプ道具を積み下ろすのがかなり億劫だったんですね。なので基本的なものは積みっぱなしにしたいなーというのとちょうど引っ越して駐車場スペースもあるしってことから買うことにしました。JeepのグランドチェロキーとかコンパスとかBMWのX3、トヨタランドクルーザーPRADOにプジョーの5008あたりも見たかな。ポイントは値段と車幅とラゲッジの容量でそのあたりのバランスが良かったのがCX-5でした。ラゲッジルームの容量が500Lあるのって意外と少ない上に、最低地上高が高めってのも少ない。また安全装備はモリモリにすることを最初から決めていたのでそのあたりがオプションではなく最初から組み込まれていたのもポイント高かったです。

実際にはこれにInnoのルーフボックスを装着してます。色は黒です。 

カーメイト ルーフボックス inno ウェッジ624 容量350L ホワイト BRS624WH

カーメイト ルーフボックス inno ウェッジ624 容量350L ホワイト BRS624WH

 

 これは両面開きのやつですね。CX-5の車高が多少高いのもあって真ん中に置いて両面から取り出すような感じで使ってます。350Lあると結構いっぱい入るので買ってよかったです。普段この中に入れているものはほとんど下ろすことないです。テントとか入れてる。

https://www.instagram.com/p/BolKbm2hCC3/

分かりにくいけどこんな感じです。

テント

テントに関しては紆余曲折あってこちらの投稿を参照

タープ

タープは結構悩んだ。レクタングルは当初から考えてなかったけどスクリーンタープにするかヘキサタープにするかで結構悩んだ。結果的にスクリーンタープは全面開放しても気温の高い時期は暑いって意見が多かったのでまずはヘキサタープを購入。買ったのはこれ。

安いし全部揃ってるってことで買ったんだが、正直なところ付属品はダメだったのでペグとロープ、自在を買い直してます。ペグはスノーピークのソリッドステークを30と40。ついでに自在とロープもスノーピークで。

スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク 40 R-104

スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク 40 R-104

 

 実際のところ自在に関してはスノーピークである必要は全くないのだけどそこはスノーピーカー(見習い)ってことで。

話しを戻してタープに付属してたポール。これもちょっと短くて弱い。細めなので結構貧弱な感じな上、実際に張ると真ん中あたりは少しかがむ感じの高さになってしまうこともあってこちらも買い直し。スノーピークの240cmのポールを購入して使ってます。

snowpeak (スノーピーク) タープ ウイングポール 240CM TP-002

snowpeak (スノーピーク) タープ ウイングポール 240CM TP-002

 

このヘキサタープのいいところは、このタープは最初から小川張りができるようになってるところ。ヘキサタープそのものについてはやはりレイアウトの自由度がかなり高くてよかった。キャンプ場の区画サイトだと場合によって少しレイアウトを工夫する必要があるのでそういうときはいいかと。ただし、春先だと朝晩は正直寒い。なのでいろいろあって今はランドロックに落ち着いている。

寝具

寝袋

まずは寝袋について。これはモンベルの封筒型にした。子ども用のを買って別々にすることも検討してたんだけど最終的にこれに。 

 

 
最低使用温度の違う#1を2個と#3を1個買って組み合わせて使ってる。この寝袋のいいところは折りたたむとコンパクトな上に、1人あたり1つで単品としても使えるし、広げて2つを上下でファスナーで接続して2人サイズにすることも可能ってこと。うちの場合、自分は1人で使って妻と子どもは合体させた状態で使ってる。だが口が大きいからか寝相の悪いうちの子はいつのまにか外に出てしまっているのでどうしようかと悩んでいるところ。子ども用にはマミータイプのほうがいいのかも知れない。

マットレス

こちらもいろいろあった結果こちらの投稿を参照。

その他

どうもある程度の枕がないと首が痛くなってしまうのがわかったのでこれを購入。これはある程度自動で膨らむし結構良い。というわけであとで追加購入しました。 

コールマン コンパクトインフレーターピロー2 2000010428

コールマン コンパクトインフレーターピロー2 2000010428

 

このピローは概ね満足なんだけど寝てる間に逃げてしまうのでそれはどうしたらいいものか…。いちおタオル巻いたりしてみたのだけど。

あと寒さ対策でこんなのも買ってみたけど微妙で一度しか使ってない。 

SOL(ソル) ヒートシート エマージェンシーブランケット1人用 12132

SOL(ソル) ヒートシート エマージェンシーブランケット1人用 12132

 

 何が微妙って湿気で結構ビチョビチョになる。まあ本来は防災グッズだし仕方ないのだけれど、撤収時に乾かすのが結構時間かかったから、多少かさばってもちゃんとしたブランケットのほうがいい。

ランタン

続いてランタン。これも紆余曲折ありました。当初はすべてLEDを買うって決めていたのでそれを中心に。あと、LEDでも白色だけじゃなく電球色が使えるものが良かったのでそれに対応しているものを中心に検討。なのでコールマンのクアッドマルチパネルランタン(あの4つに取り外せるやつね)は機能的にはとてもよかったけど除外。加えて外用に1000ルーメンクラスのものとテント内を照らす用の200〜300ルーメンのものとで複数用意することに。というわけで買ったのがこちら。

  

どちらも電球色が使える上にゆらぐタイプの光にもできるので雰囲気が出るw
両方とも単1電池。EX-777のほうは逆向きに吊り下げられるけど、EX-1000Cはそれができないのは少し難点。でもEX-1000Cはかなり明るい。直接見ると目を痛めるレベルで明るい。余談だけど購入後最初のキャンプに行く前に家の近所一帯が結構長い時間停電になったことがあってその時に大活躍した。

ランタンとしてはどちらも満足してたんだけど、いざキャンプに行きだすともう一個くらい欲しいねってことになった。というのも外のメイン1個とテント内1個に加えて、タープ内を照らすものが必要ということになったのだ。そこで同じくジェントスの別のランタンを購入。

 これはテント用のEX-777と比べて、380ルーメンと少し明るい。もちろん逆さ向きに吊るすことも可能だし、電球色とゆらぎも対応している。さらにこれは先の2つとは異なり単三電池で使えるのがいい。

その後、EX-1000Cは電池がすぐ減ってきて、暗くなってくるということもあってガスランタンを試しにレンタル。レンタルしたのはスノーピーク製のものだったんだけどこれが思っていた以上に良かったのでメインのランタンはガスランタンにすることにした。というわけで買ったのがコールマンのノーススター。

マントルの空焼きとか面倒な部分もあるけどOD缶使えてバーナーとも共用できるし、何より明るい。 とても満足しています。燃費的には2泊3日で夕方から12時くらいまでにかけて使ってOD缶が1缶なくなるくらいです。

ランタン使う上でもう一つるのがこれらをどこにどう置くか。実は最初にいったときにそのあたり全く考慮してなくて非常に使いづらく、周りがどうしてるのか見ると何やらポールに巻きつけるような感じで取り付けたハンガーに吊ってる。これがランタンハンガーというものだということを後から知った。

スノーピーク(snow peak) ランタンハンガー LT-006

スノーピーク(snow peak) ランタンハンガー LT-006

 

早速2個購入したのだが快適なことこの上ないので追加で2個購入した。各社から同じようなのが出てるけど、スノーピークのこれは取付可能なポールの経が19mm〜22mmと細め。スノピのタープ用ポールにつけるのであればもう一つ太い経(27mm〜32mm)に対応したものを買った方がいい。

そしてランタンといえばパイルドライバーである。 

スノーピーク(snow peak) パイルドライバー LT-004

スノーピーク(snow peak) パイルドライバー LT-004

 

 これはまさにランタンを吊るためにあるようなもの。これの尖ったほうを地面に突き立ててガシガシと上半分をスライドさせて打ち込む感じで使う。これを外に一本たてて、メインのランタンをぶら下げて使うといい感じで周りを照らせてよい。加えてこれに先のランタンハンガーを装着すると食器乾かすようのドライネットをぶら下げたりするのにとても良い。

テレビを白くペイントしてみた

久しぶりの更新です。

今日は技術的な話でもなんでもなく、最近引っ越しをしたのでそれを機にテレビを白く塗ってみたということでその経過を。

ちなみにDIYとかそういうのは初めてです。

ではなぜ、こんなことをしたのかというと、9月に引っ越しをしたのですが新居がナチュラル系かつ白ベースでいろんなものを揃えています。

しかし、テレビとテレビボードは前の家から持ってきたものをそのまま使っているのでテレビがグレーというかシルバーというかそんな感じの色でテレビボードは黒です。

そんなときロンハーマンの店でテレビを雑に白く塗っているのを見かけて、これいいじゃん!と。というわけでどうせ近々買い換える予定だし、試しに塗ってみることにしました。

今回はテレビに加えてテレビ用のバースピーカーも一緒に塗ります。テレビボードはまた今度にしました。

塗るにあたり用意したのは以下。

  • オールドビレッジのホワイト
  • サンドペーパー
  • プラスチック用プライマー
  • 刷毛とマスキングテープ

オールドビレッジのペンキは東急ハンズでたまたま見つけたものなんだけど、アーリーアメリカンな風合いのいい感じに仕上がるというもの。色合いが柔らかい感じで仕上がりもマットになる。

 プラスチック用プライマーはテレビのガワってプラスチック勢なのでそのままだとペンキが乗りにくい。そのためペンキを塗る前に下地としてこいつを塗布する。

 

アサヒペン プラスチック用プライマー 300ML クリヤ
 

 全体的な流れは以下の通り。

  1. テレビ、スピーカーを分解する
  2. サンドペーパーでヤスリがけ
  3. プライマーを塗布して乾燥させる
  4. ペンキを塗り、乾燥させる(1回目)
  5. 2度塗り
  6. 組み立て

分解をしたのは液晶パネルの部分とか細かいマスキングをするより、はずしてしまってガーッとやったほうが楽だと思ったから。なお、ヤスリがけはプライマーを使う場合は要らないって話もあったけど一応やっておいた。ちなみに今回はサンダーとかそういうのもっていなかったため、手作業でやったので全行程でこれが一番疲れた。次は絶対サンダー買おう。

では実際の流れは当日のツイートを。

 

 

まずは試しに台座部分だけ塗ってみた。

 

残りの部分を一気に。

ネジは最終的に8本ほど余ったんだけど、気にしない。とりあえず今のところ何の問題もなく映っている。

実はこの塗り直しがすごく大変だった。正確には塗り直すためにメッシュ部分を洗い落とすのが大変。水性ペンキだし簡単に落ちるかと思いきや意外と落ちず、メッシュの目に詰まってしまっており、それを一つずつ取り除くのに軽く2時間はかかった。

 

というわけで無事に完成。サイドにある電源などのスイッチ類のパネルが分解した際に本体基盤側にくっついたままだったので塗らなかったんだけどやはり塗っておけば良かったと少し公開している。

あと、リモコンの受光部もお構いなしに塗ったのでリモコンの反応が少し鈍くなった。

 

©Keisuke Nishitani, 2018   プライバシーポリシー